SNSフォローボタン

仕事の生産性を向上させたい方必見!《朝の習慣》とは?

こんにちは優太です!今日は1日の中で1番大事な時間朝にやってほしい「朝の習慣」についてです。

f:id:yuyutata0511:20200519234459j:image

朝は1日の生活の質を決める時間だと思います。多くの成功者も朝の良い習慣が仕事の生産性を上げると語っています。

僕も朝の習慣を変えた事によって、その日の生活の質をより高め、以前より行動的になれたと感じています。

また、今回紹介する朝の習慣は全てやる必要はなく「これなら続けれるかも」と思われたやつを続けて習慣化してもらえたらと思っています👍

日光を浴びよう

生命活動の中で日光を浴びるというのはとても重要な事とされています。

朝起きてすぐに10分〜20分程太陽の光を浴びると効果的とされていて、以下の様なメリットがあります。

  • ホルモン機能の向上
  • 健康的な骨の促進
  • 免疫機能の向上
  • 夜の睡眠の質の向上

このメリットを受けられる背景にはビタミンDの影響があります。

ビタミンDは他のビタミンとは少し異なり、私達の体は太陽からの紫外線を浴びる事により体内でビタミンDを生成する事ができます。

このビタミンDにより、ホルモン、骨、免疫機能の向上に繋がります。

また、朝日光を浴びるのに夜の睡眠の質の向上に関係あるの?と思われた方も多いと思いますが、実はとても効果的なんです!

その理由として、睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンの分泌が関係しています。

メラトニンの分泌は日光を浴びるとストップし、その後15時間程で再びメラトニンの分泌が始まります。

もし、7時に起床して22:00に就寝する方でしたらちょうど良いタイミングで、夜はぐっすりと眠れ、睡眠の質の向上に繋がります。

コップ一杯の水を飲む

f:id:yuyutata0511:20200519234633j:image

私達の朝の体は脱水状態です。朝ごはんを食べる前にまずは、コップ一杯の水を飲むようにしましょう。

また、朝コップ一杯の水を飲む事により脳を活性化するのに役立ちます。

私達の脳は70%以上は水分で構成されており、水分が足りていない状態で1日を迎えると記憶力、脳機能の低下に繋がる可能性もあります。

仕事の生産性の向上をするためにも朝起きたら一杯の水を必ず取りましょう!

瞑想

f:id:yuyutata0511:20200519234807j:image

朝瞑想をする事によって心のリセットができ、1日を穏やかな気持ちで迎える事ができます。

また、ネガティブな気持ちストレスが解消されます。

したがって、よりポジティブになり1日を生産的に生活するためのモチベーションの向上にも繋がります。

冷水シャワー

f:id:yuyutata0511:20200519234853j:image

冷水シャワーを浴びる事によって、交感神経を活性化させ、ノルアドレナリン、エンドルフィンの神経物質の活動を促進させます。

それによって、1日活動的に生活を送れます!

また、心拍数の増加により血行が良くなり1日しっかりと動ける体になります!

冷水シャワーについては以前詳しく書いてますので、良かったらそちらにも目を通してみて下さい!

http://yutablog0547.com/2020/05/13/cold_shower_/

その日の計画の作成&確認

朝のうちにその日やるべき事、やりたい事をリストにまとめる事はとても大事です。

それをやる事により、1日を無駄なく効率的に過ごす事ができ、1日の終わりに充実した1日だったと感じる方ができます!

15分から20分外を散歩する

f:id:yuyutata0511:20200520002143j:image

朝散歩するをする事によって脳から様々良い物質が分泌されます。

その中でも注目すべきなのは、脳を成長させると言われている脳内物質BDFN(脳由来神経栄養因子)です。

脳の中で、BDFNは、海馬、大脳皮質、大脳基底核で活性化されています。

それらの部位は学習や記憶に必須の領域になっていて、これらの成長を促して役割りをしている物質がBDFNというわけです!

それによって朝の散歩は脳を成長させる事ができるといえます!

まとめ

f:id:yuyutata0511:20200519235216j:image

以上が「仕事の生産性を向上させる」オススメの朝の習慣でした!

朝の習慣で人生が変わった!という方もいるくらい朝の時間は私達が生活していく中で大切な時間となっています!

この記事で1人でも参考になったと思っていただけたなら幸いです!

 「朝を制する者は人生を制す」

それでは✌️

タイトルとURLをコピーしました