SNSフォローボタン

<集中力向上させたい方だけ見て下さい>本当は教えたくない科学的に証明された脳機能向上に役立つ食材を大紹介!!

こんにちは優太です✌️

今回は科学的に証明されている脳機能を向上させることで、集中力向上を期待できる食材について紹介していきます!

これらの情報は多くの方が知られていないと思います。そのため、この記事を見たあなたはラッキー!!他の人よりも一歩リードすることができると確信しています!

魚(特に青魚)

青魚に豊富に含まれるオメガ3は、脳の機能に重要な必須脂肪酸(EFA)です。

特に、エイコサペンタエン酸(EPA)及びドコサヘキサエン酸(DHA)は魚にたくさん含まれています。

オメガ3脂肪酸はすべての細胞膜に存在し、脳に存在するすべてのオメガ3脂肪酸の実に97%がDHAで占められています。

これらは脳のパフォーマンスと記憶能力にとって重要な栄養素です。

また、ADHDの子供は、DHAとEPAの必須脂肪酸レベルが低いことが分かっています。

NIHの研究によると、DHAがアルツハイマー病と認知症の予防に役立ち、オメガ3脂肪酸の摂取量の減少が認知機能低下のリスクの増加と関連されていることが報告されています。

他に、オメガ3の摂取が精神疲労を軽減し、認知課題の反応時間を改善するという研究も報告されています。

オメガ3はサプリメントでも十分の摂取は可能ですが、魚を直接食べて得れるオメガ3の方がサプリメントで摂取するよりも効果的に代謝されるとされています。

オメガ3のたくさん含む魚

・サーモン

・サバ

・アジ

・イワシ

・マグロ

最低でも週に2回は上記のようなオメガ3のたくさん含まれた魚を食べることをオススメします!

クルミ

多くのナッツは私達の健康に非常に良い効果をもたらしますが、その中でもクルミは脳の健康を改善するために最良のナッツといえます。

クルミには、植物由来の不飽和脂肪酸の1つであるαリノレン酸を大量に含んでいる数少ない食材です。

αリノレン酸を摂取することにより上記でも記述したDHAとEPAの効果を上げることができます。

また、クルミには、脳細胞への炎症負荷を軽減させ、脳神経接続を強化し、脳神経細胞発生(脳内の新しい神経細胞の作成)を向上させることのできるポリフェノール化合物も含まれています。

研究によると、毎日少数のクルミを摂取すると、集中力と記憶力が高まるだけではなく、脳の情報処理速度を上げるということが分かっています。

毎日クルミを朝食や間食に少量食べるように意識してみて下さい! 

アボカド

アボカドには、不飽和脂肪酸の1つであるオレイン酸が多く含まれています。

これは、神経伝達物質であるアセチルコリンの産生を増加させるのに役立ちます。

アセチルコリンは、主に中枢神経にある神経修飾物質として機能し、知覚能力を高めるのに役立ち、集中力と注意力を向上させる効果があります。

また、アボカドは、喜び、やる気、学習に関与する脳の化学物質であるドーパミンの前駆体であるアミノ酸の一種であるチロシンの分泌を高めてくれます。

ドーパミンは、集中力、注意力を高めるのに役立ち、ドーパミン濃度の低下は注意欠陥障害の原因となると考えられています。

卵の黄身は、アセチルコリンの前駆体であるコリンの優れた供給源であり、アセチルコリンは脳機能を調節することで集中力と注意力を高めるのに役立つ神経伝達物質です。

また、コリンはシチコリンの前駆体でもあり、脳の健康に重要な栄養素の1つです。

シチコリンが脳内する働きは、脳への血流を増加させ、主要なエネルギー源である血糖を脳がしっかりと利用できる状態を作ることができ、脳に効率的にエネルギーを供給できるといったことです。

研究によると、シチコリンの補給が集中力と精神的エネルギーの改善に役立つことが報告されています。

ダークチョコレート

ダークチョコレートに含まれるフラボノイドという栄養素は、脳の可塑性を促進し、脳の健康に必要な神経保護を促進することで、脳細胞の寿命を伸ばすのに期待できます。

また、脳の血流を良くし、注意の持続時間、記憶力、問題解決能力、反応時間の改善に役立ちます。

他に、ダークチョコレートに含まれるフラボノイドエピカテキンは、さまざまな認知機能の改善に役立ちます。

ある研究によると、ダークチョコレートを食べることにより、抽象的推理テスト、作業記憶テスト、視覚空間記憶テスト、組織テストを含む認知系テストの成績が向上されたとされています。

お茶

1日に1~4杯のお茶を飲むと、集中力、注意力、精神能力が向上されることがわかっています。

これは、お茶に含まれるLテアニンとカフェインによる効果だとされています。

Lテアニンは紅茶に多く含まれるアミノ酸の一種で、アルファ脳波を増加させ精神状態をリラックスさせ、創造的な思考を高めます。

カフェイン自体は、長期間にわたって集中力を高めることができますが、カフェインとLテアニンの組み合わせにより、最大5時間集中して取り組むタスクの精度を向上させたという報告がされています。

タイトルとURLをコピーしました