SNSフォローボタン

やっぱりMCTオイルは凄い?『MCTオイルの効果について解説』

こんにちは優太です✌️

今回の記事では近年ダイエット効果や、健康促進効果などで注目を集めている『MCTオイル』についてです!

ぜひこの記事を読んでほしい人

・MCTオイルの購入を考えている方

・MCTオイルって聞いたことあるけど実際のところどうなの?と疑問に思われてる方

・健康促進のために体に良い物を摂取したい方

少しでも参考になれば幸いです!

また、今回の記事は『シリコンバレー式自分を変える最強の食事』という本を参考に書いています!

MCTオイルとは?

『MCT』とはMedium Chin Triglyceride (ミディアムチェーントリグリセリド)の頭文字を取ったもので、日本語では『中鎖脂肪酸』と訳されます。

実は、MCTオイルは飽和脂肪酸の一種であり、飽和脂肪酸といえばあまり体にいいイメージがないと思われる方も多いと思いますが、飽和脂肪酸の中でも、良い油、悪い油があり、短鎖脂肪酸、中鎖脂肪酸、長鎖脂肪酸に分けられます。

この中でも中鎖脂肪酸は体に良い油と言われています。

中鎖脂肪酸はココナッツなどの食材に多く含まれる脂質であり、多くの食材に含まれる脂質である『長鎖脂肪酸』とは異なって代謝され、MCTオイルは健康に様々な良い影響を与えるといった研究結果がたくさん報告されており、その効果は世界中で注目を集めています。

ココナッツオイルとMCTオイルの違い

ココナッツオイルとMCTオイルの違いがあるの?と思われる方が多いと思います。

大きな違いとして含まれる中鎖脂肪酸の量と考えていただいていいと思います。ココナッツオイル中に約60%の中鎖脂肪酸が含まれるのに対して、MCTオイルには100%中鎖脂肪酸がふくまれています。

MCTオイルダイエット効果

MCTオイルダイエットは近年とても人気のあるダイエット方法ですが、どのようなMCTオイルの効果でダイエットが進んでいくのでしょうか?

MCTオイルは空腹感を抑制させる

MCTオイルを摂取することで、満腹感を促進させる作用のあるペプチドYYとレプチンという2つのホルモンを上昇させたという研究結果が発表されています。また、同じ研究でMCTオイルを摂取したことにって、トリグリセリド(中性脂肪の一種)とグルコースの上昇を低下させたと報告されています。

それによって、空腹感を感じにくくなり、結果として1日の総カロリーが減ってダイエットに繋がるのです。

脂肪として蓄積されにくい

MCTオイルの大きな特徴として、サラダ油のような長鎖脂肪酸と比べて4倍素早く吸収、分解されてエネルギーに代謝されます。

つまり、MCTオイルはエネルギーとして使われるため、体に脂肪として蓄積されにくいという特徴があり、サラダ油などをメインに使っている方でしたら、一部をMCTオイルに変えることでダイエットに繋がります。

脂肪燃焼を促進させる

MCTオイルは、炭水化物摂取量が少ない時に脂肪の分解から生成されるケトン体を沢山作ることができます。ケトン体が増加することによって、体はケトーシス状態といって、脂肪燃焼しやすい体になることができます。

脳機能を向上させる効果も?

脳は通常、エネルギー源としてブドウ糖を利用します。しかし、老化の進行や特定の疾病によりブドウ糖が上手く使えなくなることがあります。

エネルギー不足になった脳細胞では、新しいことが覚えにくくなったり、記憶していることの取出しがスムーズにできなくなったりして、記憶力の低下に繋がります。

しかし、ブドウ糖に代わる第二のエネルギー源としてMCTオイルから効率的に作られる『ケトン体』が注目されています!

アルツハイマー病の予防になる

アルツハイマー病患者の脳を調べた研究によると、アルツハイマー病患者の脳は一般の脳と比べてブドウ糖をうまく利用できなくなっていることが明らかになっています。

ブドウ糖を上手く使えずエネルギー不足になると、脳細胞の活性は低下し、機能不全になってしまいます。

しかし、近年の研究ではアルツハイマー病患者にMCTオイルを摂取してもらい、脳の第二のエネルギー源であるケトン体を増加させ、脳にしっかりとエネルギーを与えることによって、アルツハイマー病の症状を悪化させるのを予防させたという報告もされています。

記憶力低下を抑制する研究報告も

また、別の研究でMCTの摂取が短期記憶能力にどのような影響を与えるか調査した研究成果もアメリカで発表されています。

研究に参加したアルツハイマー病患者のうち、MCTを摂取したグループではケトン体の量が増え、記憶力の低下が抑制されたという研究結果になっています。この結果から、ブドウ糖が使えずエネルギー不足に陥り休眠していた脳細胞が、MCTが生み出すケトン体をエネルギー源として、再び機能し始める可能性があるとしてさらなる研究が進められています。

オススメのMCTオイル摂取方法

MCTオイルは発煙温度150°と他の油と比べて低く、加熱料理には向いていないでしょう。そのため、そのまま摂取することをオススメします!

僕がオススメするMCTオイルの2つの摂取方法

1つ目はよく知られているMCTコーヒーです!これは、シンプルにをコーヒーに小さじ一杯のMCTオイルを入れて飲む方法です!

2つ目は野菜に少量垂らして食べる方法です。MCTオイル自体無味無臭なので全然気にすることなく美味しくいただけるのでとてもオススです!

MCTオイル注意点

MCTオイルによる副作用などは報告されいませんが、人によっては1度に大量に摂取してしまうと下痢を引き起こしてしまう場合があるので、最初は少量の摂取をオススメします!

また、MCTオイルはダイエット効果はありますが、脂質の一種でカロリーも炭水化物やタンパク質に比べて高いです。取り過ぎてエネルギーに使われなかったMCTは脂肪として体に蓄積されるので取り過ぎには注意をしてください!

まとめ

今回は『MCTオイル』についてでした!僕はMCTオイルを初めて購入するまではそこまで期待はしてませんでしたが、ダイエットが進むにつれてMCTオイルの重要性を改めて感じるようになりました!

皆さんも1度試してみて下さい!とてもいい栄養素だと感じるのは間違いないと思います!

タイトルとURLをコピーしました