" />

ブログ 海外留学

元高校不登校が海外留学で人生が変わった話し。『世界は広い、悩んでいるなら勇気を出して海外に飛び出してみないか?』

YUTA

不登校→高校中退→カナダ留学→オーストラリア留学(fitness certificate IV TAFE)→ビクトリア大学(カナダ2022年9月)入学 | 不登校児がカナダ移住を目指す |

こんにちはYUTAです。

 

今回の記事は現在不登校で悩まれている高校生の皆さんにご覧いただきたい内容になっています。

ぼく自身も高校2年生の頃に不登校を経験しており、不登校の方の気持ちが痛いほどに理解できます。

 

・将来が不安。

・学校に行かないと行けないと分かっていても行けない。

・周りの目が気になる。

 

など、悩みはたくさんありますよね。

 

そんな元不登校のぼくですが、現在では、毎日元気に楽しく生活できるようになりました。

その大きな要因として、高校3年生の頃に経験した海外留学にあります。

 

今回の記事では、現在不登校で悩んでいる高校生に向け、海外留学を経験して『心境にどのような変化』があったのかをお伝えしていこうと思います。

この記事を通して少しでも、現在不登校で悩んでいる方に『勇気と希望』をおと届けできたらいいなと思います。

 

この記事の内容

 

・留学を決めた2つの理由

・元不登校のぼくが留学を経験して感じた心境の変化

 

※もし良かったらこちらの記事もご覧下さい。

『現在不登校で悩んいる方』に元不登校の僕が伝える最低限やってほしい3つのこと。

続きを見る

 

不登校の高校時代に留学を決めた2つの理由

 

 

ぼくが留学を決めた理由は、2つあります。

 

  1. 自分を変えるには環境を変えるしかないと思ったから
  2. 現実逃避

 

 

1自分を変えるには環境を変えるしかないと思ったから

 

 

ぼくが、海外留学に初めて行ったのは高校3年生の11月です。

それは、高校2年生の頃にそれまで通っていた高校から通信制の高校に転校して半年ほどすぎた頃でした。

 

通信制の高校でも自分を変えるのは難しかった

 

 

通信制の高校に転向してからも、イマイチ自分を変えることが難しかったんでよね。

そんなある日、ぼくはこう思いました。

 

『環境を変えるために思い切って海外に行ってみよう!』

 

 

根拠はないけどそう思えたんですよね。

 

2現実逃避

 

 

2つ目の理由は純粋に現実逃避です。

 

  • 不登校で高校を転向した現実
  • 今後の未来が不安な現実
  • 親に迷惑をかけてしまった現実

 

恐らくこの記事をご覧の方の中にも同じような心境に陥ってしまっているかもしれません。

当時のぼくは、それらの現実から逃げたくなったんですよね。

『どこか遠い場所に1人でいきたい』

このような感情が強くなったんですよね。

そこで思いついたのが、海外留学という選択肢になったんですよね。

以上2つの理由により、海外留学を決めたわけです。

 

次のパートでは、実際に海外留学を経験して感じた心境の変化について話していきます。

 

海外留学で感じた心境の変化

 

ぼくが、海外で感じた心境の変化は2つあると考えています。

 

  1. より広い視野を持って物事を考えられるようになった
  2. 様々な小さな成功体験で自信が付いた

 

1つずつ実体験をもとに深掘りしていきます。

 

1より広い視野を持って物事を考えられるようになった

 

 

留学を経験することで視野が広がったなと感じています。

留学をするまでのぼくは『日本の中での常識』に縛られて生きてきました。

 

  • 法律
  • 人種
  • 習慣
  • 文化

 

今までの常識が全て一変したような感覚でした。

 

世界にはいろんな人がいて価値観も様々

 

 

この記事をご覧の方の中にはこのように思われている方もいると思います。

『不登校の自分は日本の社会から置いていきぼりで不安』

 

しかし、世界は広いのです!

日本の社会の常識に縛られて生きていくのはもったいないと思うんですよね。

ぼくは留学を通していろいろな人に出会うことで、それに気付かされました。

 

2様々な小さな成功体験で自信が付いた

 

 

留学中は毎日新しい成功体験をえることができます。

 

  • 日本の空港から1人で海外に旅立つ体験
  • 親元を離れての初めての生活
  • 日本語が以外の言語でコミュニケーションを取る体験
  • レストランで注文する体験

 

などなど、、本当にたくさんの小さな成功体験が積み重なっていくのです。

 

初めて自分に自身を持てた

 

留学を経験するまでの自分は『どうせ自分なんか...。』こう思うことが多かったのです。

 

しかし、留学中に体験した数多くの成功体験によって、自分に初めて『自身』を持つことができました。

 

そしてその自身は、高校卒業をしてからのぼくの人生を大きく変えたのです。

 

 

日本に帰国して1番嬉しかったこと

 

 

日本に帰国して1番嬉しかったことがあります。

それは、空港に向かいに来てくれた家族がすごく喜んでくれてたんですよね。

不登校で高校も転向したぼくは家族に迷惑をかけっぱなしの日々でした。

しかし、帰国した際、家族が凄く喜んでぼくを向かいに来てくれました。

その瞬間が1番嬉しかったんですよね。

 

最後に

 

この記事をご覧の方で今現在、不登校で悩まれている方は『海外留学』という自分を変えるチャンスがあるということを知っていただけると幸いです!

絶対に損はしない留学経験は『人生の財産』に変わりますよ。

そして、皆さんにぜひ読んでほしい本を1冊紹介させていただきます。

『成功する不登校留学』です。

ぼくは、この本を読んで最終的に留学を決断しました。

もし留学が気になった方は、こちらの本を読んでみてください!

ヒントが見つかるはずです。


 

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

YUTA

不登校→高校中退→カナダ留学→オーストラリア留学(fitness certificate IV TAFE)→ビクトリア大学(カナダ2022年9月)入学 | 不登校児がカナダ移住を目指す |

-ブログ, 海外留学

© 2021 海外移住ブログ Powered by AFFINGER5