" />

海外留学 英語学習

『発音付き』犬の鳴き声は英語で?意外と知らない動物の鳴き声の英語まとめ。

YUTA

不登校→高校中退→カナダ留学→オーストラリア留学(fitness certificate IV TAFE)→ビクトリア大学(カナダ2022年9月)入学 | 不登校児がカナダ移住を目指す |

こんにちはYUTAです。

以前、鳥の鳴き声を英語でなんと言うのか?

という内容を記事にしました。

鳥の鳴き声を調べていくと
他の動物の鳴き声も日本語と全く違うことに気づきいたのです。

今回の記事では、意外と知らない動物の鳴き声の英語(オノマトペ)をまとめてみました!

最後まで読むことで、動物の鳴き声も英語で理解できるようになります。

犬の鳴き声は英語で?

犬(dog)の鳴き声は日本語だと『ワンワン』ですよね。

しかし、英語では

『ウーフウーフ』

と言います。

犬の鳴き声→woof

発音記号→wʊf

発音→

ぶっちゃけ、犬の鳴き声は『ウーフウーフ』には聞こえませんよね。(笑)

子犬の鳴き声は英語で?

実は、子犬(puppy)の鳴き声は異なるんです。

英語では

『イップイップ』

と言います。

小犬の鳴き声→yip

発音

ちなみに、子犬は英語で『puppy』

牛の鳴き声は英語で?

牛(cow)の鳴き声は英語で

『ムームー』

と言います。

これは日本語と全く同じですね!

牛の鳴き声→moo

発音記号→muː

発音→

牛は英語でなんと言うのか?

英語力0だった頃のぼくは、牛を『beef』と言って恥をかいたことがあります。(笑)

英語力ゼロで海外留学に挑戦した男が経験した厳しい現実を公開。

正確に言うと、雄牛と雌牛で呼び方が異なるんです。

雄牛→bull

発音記号→bʊl

発音→

雌牛→cow

発音記号→kaʊ

発音→

牛全体→cattle

発音記号→ˈkætl̩

発音→

"I was born in the year of the ox

『私は丑年です。』とも表現できます。

 

カエルの鳴き声は英語で?

カエル(froge)の鳴き声は英語で

『リビッリビッ』

と言います。

え?

と、思われるかもしれませんね。(笑)

日本語では

『ケロケロ』

ですよね。

英語では、ケロロ軍曹はリビッ軍曹になっちゃいますね。(笑)

カエルの鳴き声→ribbit

発音→

馬の鳴き声は英語で?

馬(horse)の鳴き声は英語で

『ネェイネェイ』

と言います。

ん〜これは何となく分かるような、、?(笑)

馬の鳴き声→neigh

発音記号→neɪ

発音→

ライオンの鳴き声は英語で?

ライオン(lion)の鳴き声は英語で

『ロォーアロォーア』

と言います。

ライオンの鳴き声→roar

発音記号→rɔː(r)

発音→

ネズミの鳴き声は英語で?

ネズミ(mouse)の鳴き声は英語で

『スクイーズスクイーズ』

と言います。

これは、かなりネズミの鳴き声の特長を捉えてますね!

ネズミの鳴き声→squeak

発音記号→skwiːk

発音→

豚の鳴き声は英語で?

豚(pig)の鳴き声は英語で

『オイオイ』

と言います。

豚の鳴き声→oink

発音記号→ɔɪŋk

発音→

羊の鳴き声は英語で?

 

羊(seep)の鳴き声は英語で

『バーバー』

と言います。

羊の鳴き声→baa

発音→

蛇の鳴き声は英語で?

蛇(snake)の鳴き声は英語で

『ヒスーヒスー』

と言います。

蛇の鳴き声→hiss

発音記号→hɪs

発音→

動物の鳴き声は英語で?まとめ

今回の記事は

動物の鳴き声は英語で?

という内容で動物の鳴き声を紹介しました。

日本語と全然違うことに気づいたとも思います。

これも英語の面白さですよね〜。

少しでもこの記事があなたの参考になったなら幸いです!

それではまた✋



 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-海外留学, 英語学習

© 2021 海外移住ブログ Powered by AFFINGER5