" />

ブログ 海外留学

鶏の鳴き声は英語で?英語では意外と知らない鳥の鳴き声。

YUTA

不登校→高校中退→カナダ留学→オーストラリア留学(fitness certificate IV TAFE)→ビクトリア大学(カナダ2022年9月)入学 | 不登校児がカナダ移住を目指す |

こんにちはYUTAです。

以前、フィリピン人の先生とオンライン英会話で話していたら

『コケコッコー』

と、鶏の鳴き声が聞こえてきたんですよね。(笑)

フィリピンでは鶏を飼って食べるのは割と普通みたい。

そのときに

ふと、疑問に思ったんです。

鶏の鳴き声って日本語も英語も同じなのか?

実は、違うんですよね。

実際に『コケコッコー』は通じませんでした。(笑)

意外と、英語で鶏の鳴き声はなんと言うのか知らない人も多いと思います。

今回の記事はそんな方に向けて

鶏の鳴き声、その他の鳥の鳴き声は英語でなんと言うのか?
をまとめてみました。

最後まで読むことで、動物の鳴き声を英語で表現できるようになります!

 

鶏の鳴き声は英語で?

鶏の鳴き声は英語で

『クックドゥードゥルドゥー』

と言います。

日本語と全然違いますよね。(笑)

鶏の鳴き声→cock-a-doodle-doo

発音記号→ˌkɒkəduːd(ə)lˈdu

発音→

鶏は英語でチキン?

鶏は生きている状態でも、お肉としてもチキン(chicken)と呼ばれることが多いです。

しかし、雄鶏と雌鶏で呼び方が違うようです。

雄鶏→rooster

発音記号→ruːstə(r

発音→

雌鶏→hen

発音→

 

カラスの鳴き声は英語で?

カラス(crow)の鳴き声は、英語で

『カーカー』

と言います。

これは日本と全く同じですね!

カラスの鳴き声→caw

発音記号→kɔː

発音→

 

アヒルの鳴き声は英語で?

アヒル(duck)の鳴き声は、英語で

『クワッククワック』

と言います。

これはかなり日本語に似ていますね。

アヒルの鳴き声→quack

発音記号→kwæk

発音→

 

ハトの鳴き声は英語で?

ハト(pigeon)の鳴き声は、英語で

『クー』

と言います。

日本人からすると、ハトポッポのイメージしか無いですよね。(笑)

ハトの鳴き声→coo

発音記号→ku

発音→

 

スズメの鳴き声は英語で?

スズメ(Sparrow)の鳴き声は、英語で

『チュイート』

と言います。

これはスズメだけではなく、ツバメなどの小鳥全般の鳴き声を表しています。

スズメの鳴き声→tweet

発音記号→twiːt

発音→

 

Twitterの由来は小鳥のさえずり

実は、Twitterの名前の由来は『小鳥のさえずり』なのです。

これを日本では、『呟き』と略されています。

『これは豆知識として覚えておいて下さい(笑)』

情報元

動物の鳴き声をもっと知りたい方へ

『鳥以外の動物の鳴き声も知りたい!』

そんな方にオススメのYouTubeチャンネルを最後に紹介しますね。

よかったら視聴してみて下さい!

ということで、今回の記事は以上です!

少しでも英語学習の参考になったなら幸いです。

それではまた✋

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ブログ, 海外留学

© 2021 海外移住ブログ Powered by AFFINGER5