" />

フィットネス

【ケトジェニックダイエット倦怠感を感じている方へ】ケトフルかも?ケトフルの症状、対策方法まで解説!

YUTA

不登校→高校中退→カナダ留学→オーストラリア留学(fitness certificate IV TAFE)→ビクトリア大学(カナダ2022年9月)入学 | 不登校児がカナダ移住を目指す |

こんにちはYUTAです。

 

ケトジェニックダイエットを行っている方で、これらのような症状を感じている方はいませんか?

 

  • 身体がだるい
  • 集中できない
  • 頭痛何する

 

これらに当てはまった方は『ケトフル』の可能性が高いです。

 

もしケトフルの症状を感じている方は、この記事を最後まで読む価値があります!

 

なぜなら、ぼくもケトジェニック・ダイエットを数回挑戦しています。

数回のうち、1回目はケトフルについて無知だったので、上記のような症状を感じました。

しかし、ケトフルの原因と対策法を勉強することで、2回目以降はケトフルの症状がでなくなりました。

今回記事では、ケトフルにお悩みのあなたへ原因と対策方法について徹底解説します!

 

この記事で分かること

  • ケトフルについて
  • ケトフルの原因
  • ケトフルの予防方法

 

 

ケトフルとは?

 

 

『keto flu=ケトフル』ケトインフルエンザとも呼ばれています。

ケトフルについて海外のサイトを色々と漁ってみたのですが『keto flu』というワードはpubmed(多くの論文が載っているサイト)などでは、中々ヒットしないんですよね😅

なのでケトフルという言葉自体もあまり普及してないようですね。

特にケトフルという症状はケトジェニックダイエットを始めて間もない頃(1〜7日間程度)身体がケトーシスに切り替わろうとしている際に起きてきます

ケトーシス=身体がケトン体をしっかりと生成できて使える状態

 

ケトフルの症状は様々?

 

では、具体的なケトフルの症状の一例です。

 

ケトフルの症状

  • 吐き気
  • 便秘
  • 倦怠感
  • 下痢
  • 頭痛
  • 筋肉のけいれん
  • めまい
  • 集中力の欠如

人によって異なりますが、上記のような症状が身体に現れてくるとされています。

 

自分が感じたケトフルの症状

 

僕は始めてケトジェニックダイエットを行った際、酷い倦怠感と集中力の欠如を感じました。

そんな中トレーニングは行っていましたね(笑)

今思えば凄く危ないことです。

ケトフルの症状を感じる際はトレーニングなどの激しい運動は辞めましょう。

 

ケトフルの原因は3つある?

 

具体的にケトフルの原因について解説します・

 

結論から、ケトフルの大きな原因は3つあると考えます。

 

ケトフルの原因

  1. 体内から糖質が抜けることによる脱水症状&塩分不足
  2. 充分な脂質を摂取できていない
  3. 糖質を摂取しすぎている

① 体内から糖質が抜けることによる脱水症状

 

ここが一番重要なポイントです!

ケトフルの一番の大きな原因は

 

『体の脱水』

『塩分不足』

 

にあると考えます。

 

ケトに入ると糖質を制限しますよね。

そうすると、体内のグリコーゲンは減少していき、グリコーゲンに付随して水分、塩分も体内から抜けていってしまいます。

つまり、体内は脱水状態になってしまいます。

脱水症状がケトフルの症状である、頭痛や倦怠感などに繋がってきます。

 

② 充分な脂質量を摂取できていない

 

続いての原因は、充分な脂質量を摂取できていないという点。

これはやっちゃいガチなんですよね。

特に、ローファットダイエットからケトジェニックダイエットに切り替えた方は、脂質を食べることに抵抗感があると思います。(僕も凄くありました)

 

しかし、糖質を制限しているので、脂質を抑えてしまうとエネルギー源がなくなってしまいます

 

むしろ、身体では『糖新生』が働き筋肉を削って、エネルギーにしようという働きがおきてしまい、カタボリック状態(筋肉を分解してエネルギーに変える状態)になってしまいます。

なので、恐れず脂質を摂取しましょう!

 

食事からの脂質の摂取が難しい方はMCTオイルを活用しよう!

 

「食事だけで脂質を摂取するのがしんどい…」

そう感じる方は、MCTオイルの摂取をオススメします!

 

MCTオイルは体内での代謝プロセスが短く、すぐにエネルギーとして使われる特徴があります。

 

つまり、ケトジェニック始めたての方には非常に強力なエネルギー源と言えます。

 


 

食事から脂質を摂取するのが難しい方は、MCTオイルを使うとよりケトが楽になりますよ!

 

③ 糖質をしっかりと制限できていない

 

糖質はしっかりと制限しましょう!

そもそも体内に糖質が沢山入ってしまうと、糖質からのエネルギーを体内は使ってしまいます。

つまり、エネルギー源であるケトン体が作られにくい状態になります。

調味料やソースにも糖質は含まれていますので、お気をつけください。

「甘いものがどうしても食べたい…」という方は「糖質ゼロの自然甘味料」をオススメします。

とくに「ステビア」がおすすめです。コーヒーなどに混ぜて飲むと糖質0なのに、砂糖を入れているような甘さを感じることができますよ。


 

ケトフルの症状がある場合トレーニングは危険

 

 

僕の経験をもとに、皆さんにお伝えしたいのですが、ケトフルの症状がある際のトレーニングは辞めましょう!

 

僕はこれで地獄を経験しました、、😅

 

先ほど述べた通り、ケトフルの状態の際は脱水の状態です。

体内に水分も電解質もない状態でのトレーニングは、パフォーマンスも落ちますし、筋肉が痙攣を引き起こしてしまう可能性があります。

 

僕はその状態でカフェインを摂取してトレーニングをしてしまっていました。

カフェイン には利尿作用もありますからね。

トレーニングをしたくなる気持ちは分かりますが、やるなら軽い有酸素運動などにしておきましょう!

 

体内の塩分不足を防ぐ方法

 

『塩』『電解質パウダー』

 

この2つに尽きます!

塩もアジシオなどではなくしっかりとミネラルが含まれている天然塩をオススメします!

中でも自分も長年愛用しているオススメの塩が

 

『ぬちまーす』

 

含まれるミネラルがの種類がギネスにも記録されている優秀なお塩です!

 


 

また、電解質パウダーの摂取でも良いかと思います!

しっかりとミネラルの多い食材を食べるということも大切になってきます。

意識的な塩分&水分摂取を心がけましょう!

 

最後に、、

 

本日は『ケトフル』についての解説になりました!

ますは、しっかりと水分と塩分の補給をおこなってケトーシスに迅速に移行しましょう☺️

それでは、素敵なケトン人ライフをお送りください〜✋

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

YUTA

不登校→高校中退→カナダ留学→オーストラリア留学(fitness certificate IV TAFE)→ビクトリア大学(カナダ2022年9月)入学 | 不登校児がカナダ移住を目指す |

-フィットネス

© 2021 海外移住ブログ Powered by AFFINGER5