" />

ブログ 不登校

『高校を辞めたいけど親に言い出せない。』どうやって伝えればいいか?元不登校が実際にやった方法をお伝えします。

YUTA

不登校→高校中退→カナダ留学→オーストラリア留学(fitness certificate IV TAFE)→ビクトリア大学(カナダ2022年9月)入学 | 不登校児がカナダ移住を目指す |

こんにちはYUTAです。

現在高校を辞めたいと悩んでいるけど、『辞めたい』と親に言い出せない方は多いかと思います。

実際にぼくも全く同じ経験をしたので凄く気持ちがわかります。特にぼくは、私立高校に通っていたので『辞めたい』と言い出すのに凄く勇気が必要でした。

しかし、今通っている高校に通うのがしんどいと感じるのであれば、辞めてもいいと思うんですよね。

これからの人生のほうが長いのですから。

 

今回の記事では『高校を辞めたいけど親に言い出せない。』

 

このような悩みをお持ちの方にむけて、ぼくが実際に高校を辞める際に親に示した行動をお伝えしたいと思います。

しっかりと自分の思いを伝えれば親は必ず理解してくれますよ。

 

親に伝えるべき2つのことを明確化させておく

 

 

 

まず『高校を辞めたい』と親に言い出せない理由として『どのように』親に伝えればいいのか分からないという方がほとんどだと思います。

そのような方は、まず2つのことを明確化させておく必要があると思います。

 

  • 高校を辞めたい理由
  • 高校を辞めた後の進路

 

上記2つについて具体的に話していきます。

 

高校を辞めたい理由を明確化させる

 

 

これを、ご覧の方のなかには様々な理由で学校に行きたくないという気持ちになっていると思います。

 

  • 人間関係が上手くいかない
  • 面倒くさい
  • 学校の方針が合わない
  • やりたいことが変わった

 

など、人それぞれ理由は違うかと思います。

まずは、その理由をしっかりと明確化させましょう。

 

高校を辞めたい理由が明確化してないと親も判断に困る

 

『高校を辞めたい』といきなり告げても、親は納得してくれないと思います。

 

それもそのはず、学費、生活費のお金は親が出してくれている人がほとんどかと思います。

なので、高校をやめるにしても『辞めたい理由』を親は知りたいはずです。

まずは、高校をやめたい理由を自分でしっかりと整理して、親に伝えましょう。

 

高校をやめた後の進路を明確化させておく

 

 

高校を辞めると考えた際に1番の問題になるのは『辞めた後の進路』だと思います。

高校をやめた後の進路は大きく分けて3つあると思います。

 

  • 通信制高校などに転校をする
  • 仕事を探す
  • オンラインサービスなどで独学をしてスキルを身につける

 

上記の中で『この進路がオススメ』などはぼくは言えません。

 

これは読者さんの進路ですから、決めるのはあなた自身です。

 

それぞれの進路について詳しく話していきますね。

 

通信制高校などの別の高校に転向する

 

 

まず1つ目の進路としてとして、通信制高校などの別の高校に転校することです。

 

実際にぼくは通信制高校に転校しました。

また、転校先の高校も様々な学校形態があります。

 

  • 通信制高校
  • 定時制高校
  • 全日制高校

 

それぞれの特徴を解説していきます。

 

通信制高校

 

通信制高校は高校を中退した後に、編入、転校しやすい学校です。

 

通信制高校の特徴

  • 毎日学校に通う必要がない
  • イベントやアクティビティに参加可能
  • 単位取得は、レポート、定期期テストによって決まる
  • 自宅からの勉強も可能

 

通信制高校は次のような人にむいています。

 

  • 人とあまり関わりを持ちたくない人
  • 自分のペースで勉強を進めたい人

 

通信制高校はアクティビティも多くある

 

通信制高校はアクティビティが多くあるのが特徴です。

 

  • 海外留学プログラム
  • クラブ活動
  • 地域のイベントの参加

 

など、全日制高校には無いようなアクティビティもありますよ。

ぼくは、海外留学に挑戦しましたが、今では当時の留学経験は『最高の財産』になっています。

詳しくはこちらの記事も御覧ください!

【オージー英語攻略】オーストラリア英語を学べるYouTubeチャンネル5選。

続きを見る

通信制高校の探し方

 

通信制高校は基本的にはネットで調べて、資料請求をして自分に合う学校をきめていきます。

様々な特徴を持つ通信制高校がありますので、しっかりと考えて決めると良いですよ!

 

高校卒業資格が取得できる通信制高校&サポート校!まずは一括資料請求!

 

定時制高校

 

定時制高校も高校を中退した後に、編入、転校しやすい学校です。

 

定時制高校の特徴

  • 夕方〜夜にかけて授業が行われる(朝からの高校も有り)
  • 平日は毎日授業が行われる
  • 社会人の人も多い

 

定時制高校は次のような人にむいています。

 

 

  • 毎日学校に通うのが苦ではない人
  • いろんな人と関わりを持ちたい人

 

公立の定時制高校も有り

 

公立の定時制高校は多く存在します。

 

学費をできるだけ抑えたい方は、公立の定時制高校をかんがえるのもいいと思います。

 

定時制高校の現状についての記事はこちらを御覧ください。

 

仕事を探す

 

 

2つ目の進路は『仕事を探す』です。

正直、少し難易度は高いかもしれません。

 

しかし、一旦働いて色々な経験を得るのも良いとは思います。

 

YUTA

通信制高校に通いながらも働けるので、それでもいいかと思いますよ!

 

オンラインサービスなどで独学をしてスキルを身につける

 

実は、オンラインサービスを活用して独学をしてスキルを身につけるという方法もあります。

 

独学をしてスキルを身につける

  • 専門的な知識を習得できる
  • フリーランスとして仕事を獲得できるチャンスがある

 

オンラインサービスを活用して独学をしてスキルを身につける方法は、次のような人にむいています。

 

  • 専門的な知識を身につけたい
  • 将来はフリーランスとして働きたい

 

 

エンジニアなどのフリーランスが人気

 

 

ぼくの実の友達にも高校を中退して、独学でプログラミング学習をしてエンジニアとして働いている例もあります。

スキルがあれば『学歴は関係ない』場合もありますので、1つの方法として頭に入れておくのはいいかと思います。

 

オンラインプログラミング学習を無料で試してみる↓↓



 

最後に伝えたいこと

 

 

最後にぼくから皆さんに伝えたいことがあります。

現在『高校を辞めたい』と悩んでいる時間は非常にしんどい時間だと思います。

しかし、あなたの人生はこれからの方が長いんですよ。

『友達にどう思われるかな?』『高校辞めたら人生が終わる』

このように考える必要はありません。

自分の意志で無理のない選択をしましょう!

そして、その決断をしっかりと親に伝えましょう。

そうすれば、必ずあなたのことを理解してくれるはずです。

ぼくは応援しています。

 

 

 

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

YUTA

不登校→高校中退→カナダ留学→オーストラリア留学(fitness certificate IV TAFE)→ビクトリア大学(カナダ2022年9月)入学 | 不登校児がカナダ移住を目指す |

-ブログ, 不登校

© 2021 海外移住ブログ Powered by AFFINGER5